さいじょーさんの「好きな元素はタングステン」

これは文句やない。世直しや。

電子レンジ使うとき「チンする」って言う?

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210706211519j:plain

 

 

最近の電子レンジって「チン」って言わへんのに、電子レンジでもの温めること「チンする」って言うやないかーーーいっっ!!!

 

 

 

はい、本日のテーマ。

「チンって言わない電子レンジを使うときもチンする言うやつ」

      f:id:saijo-san:20210725195902p:plain

 

 

 

昔の電子レンジは「チン」って言ってたもんね。

とはいえまだまだ「チン」っていう電子レンジは生き残っているものが多いし

実際に僕が今使っている電子レンジも「チン」って言う。

 

その擬音を動詞として活用している珍しい例ですよね。

 

基本的に日本語スラング的に、動詞に活用することが多いのは名詞じゃないですか?

「サボる」とか「タピる」とか。

 

 

さぁ、本題。

電子レンジの「チン」という音はタイマーが0に戻った時に作動する機械音ですよね。

しかし最近のものはそんな機械的ダイアルタイマーもなく、ボタンやタッチパネルで操作する電子的なものになりつつあります。

「チン」という機械音も「ピー」という電子音にかわりつつあるのです。

 

でも「チンする」って言う。

「ピーする」って言わない。

 

「ピーする」ってなんやねん。放送禁止用語か!

 

いや、それでいったら「チンする」もギリギリやで。

 

 

 

、、、おほん。     

 

物や技術の進化に伴い、行動や言語が変化していくものがありますね。 

目まぐるしく進化を繰り返している携帯電話がまさしくそうじゃないでしょうか。

 

発売当初はカバンほど大きかったものが今ではポケットに入るサイズになりました。

液晶に文字が 表示され、カラー化、カメラの搭載、タッチパネル化を経て

スマートフォン 呼ばれるようになり今やそれ1台で何でもできるようになってます。 

 

カメラが搭載され始めたころ、まさに名詞を動詞に活用する例が出ましたね~。

当時、写真データをメールで送ることができたことから

 「写メール」「写メ」と呼ばれていました。

そこから転じて、携帯電話で写真を撮ること自体を 「写メる」と言うようになったんですが、今やそれも使われなくなってませんか?

 

 

・・・大丈夫ですか?

若い方々、着いてきてます?笑

 

 

電話をかけるときのジェスチャーもかわってきているらしいですね。

大きな受話器をしっかり握るようにしていたものから、 平成では小型化された受話器を模して親指と小指を立てるように、 

現代ではさらに小型化されたスマートフォンを握る形もしくは、

片手でスマートフォンを、もう片方の手でフリック操作をする動きであらわすそうですよ。

 

 

皆さんどれ世代ですか?

 

 

 

そこで。

電子レンジに戻りましょう。

 

性能は凄まじく進化しているんですが「箱型の機械が中の物を温める」

 という基本的な形状や性質は変わっていないですよね。

冷凍食品や即席食品の商品名にも「レンジでチンする○○」というものも存在します。

 

言葉や見た目、動作までも大きく変化してきた携帯電話に比べて、電子レンジの変化の幅が基本骨格の部分では小さいのではないか、

 

そして目に見える変化の幅が小さい分、一度文化として浸透した擬音や言葉も変化しづらい。

 

こういったことが「チンする」という言葉の根深さを生んでいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

もしかしたら将来電子レンジも、携帯電話のように大きく形状が変化した場合には「チンする」って言わなくなるかもしれないですね。 

 

 

 

箱型でなく球状に、扉ではなくハッチが開くようになれば人々はそれを使うたびに別の言葉を発するんじゃないでしょうか。

 

例えば「ピッコロ」、と。

 

 

おっと。それも古い表現やな。

誰がわかるねん。

 

 

 

 

 

それではこのへんで。

 

ごきげんよう

春はあけぼの・・・

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210706211519j:plain

 

先日の後輩の教育がなんちゃら・・・みたいな記事でお話したのですが、

僕がこないだ後輩に課したお題が本日のテーマ、「文章の要約」

 

 

仲の良い友達に映画をオススメする、SNSに日記を書く、

上司と会話をする、報告書を書く、

社外の方にメールを送る、会議でプレゼンする、、、

 

同じ日本語でも単語の使い分けや文章の長さ、組み立て方でニュアンスの違いを必要とする場面がいくつもありますし、

僕の中でその違いを上手に表現できる人の中に優秀な人が多いイメージ。

 

どんな言葉の組み立てでニュアンスの違いを表現しようとも、

本当に相手に伝えたい芯となる内容は何かを理解すること

もしくは受け取った文章のどこが内容の芯なのかを汲み取ることがキモになるのではないかと思うのです。

 

実際に仕事をしていて、ひしひしとそれを感じる分、

自分も日本語を使う人間として、日本語を上手に操れないとなと感じる次第であります。

 

そこで冒頭の部分。

自分の文章作りのトレーニングも兼ねて、1つのコラム的なものを書いて

その内容を要約してみなさいという課題を出してみました。

 

 

 

 

 

続きを読む

時間があったら来てください

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210706211519j:plain

 

僕はとある食品工場に勤めています。

 

高校を卒業してから、早いもので丸10年。

現在11年目に突入しました。

 

 

大きな会社ではないのですが、ささやかながら役職も与えていただき、

年齢相応にお給料の額も上がってきました。

 

 

 

 

後輩とよばれる子達も数名現れまして、そんな中で僕の役割といえば、

 

日々の生産業務はもちろん、場内の環境改善や若手たちへの教育といったところでしょうか。

 

特に後者。

 

環境改善に関しては、生産業務における「無駄の削減」「高効率化」「危険・リスクの低減」がメインで、

若手たちにもどんどん提案をさせます。

 

必要な備品等があれば僕が調達しますし、それが高額であれば上司への許可取りも僕の仕事です。

 

そしてその改善内容が適切かどうか、もっと良い方法があるか、それにはどうしたら良いか、助言するのも大事な役目。

 

 

カッコよく言うなら「アドバイザー」ですな。

 

 

 

そんな日々の中、

自分の業務を遂行することはもちろんやりがいの1つなのですが、

 

それより何より一番嬉しいのって、実は後輩から言われる「時間があったら来てもらってもいいですか?」のひと言なんですよね。

 

自分を頼ってくれる嬉しさと、

「何か」を頑張ろうとしている意欲。

 

意欲。そう意欲。

これめちゃくちゃ大事。

 

意欲さえあれば技術なんてあとからついてくる。

 

自分発信でなにかをしてやろうという意欲が見える子になんて、いくらでもサポートしてやる。

まして自分を頼ってくれているのだから。

 

 

 

そんなに大きい会社ではないので、生産業務に止まらず環境改善・衛生・設備管理、

専門の部署が無い分、なんでも自分たちでこなさないといけないんですね。

 

なので常に体だけではなく頭も動かし続けないといけない。

 

それにはまさしく意欲が大事なのです。

 

 

 

「思考回路を止めるな」

これが僕から後輩に課している口ぐせのようなもので、

そんなことを言い聞かしている子たちから、来てくださいなんて言われたらそんな嬉しいことないでしょう?

 

 

かく言う僕も、そんな後輩たちに追い越されぬようにしないといけないもので。

 

次回の記事で後輩たちの教育と、自分の頭を使うトレーニングも兼ねたとあるトピックをご紹介しましょう。

 

 

 

 

もっと後輩に頼られたい。笑

 

 

それでは、ごきげんよう

信号が赤になってからアクセル踏むな。

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210706211519j:plain

 

 

 

 

 

あっ!

 

かっちょいいスポーツカーがいるっ!!

 

 

f:id:saijo-san:20210706211547j:plain

f:id:saijo-san:20210706211614j:plain

f:id:saijo-san:20210706211631j:plain



 

 

 

 

んずっと見えんっっっ!!!

 

毎回だいたい街路樹とか電柱とかでずっと見えん!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

歩行者が横断しようとしてますね。

 

f:id:saijo-san:20210706211723j:plain

 


 

横断歩道じゃないからね。

かけ足なんですかね。

 

 

 

 f:id:saijo-san:20210706211753j:plain

 

いや、あと2mっっ!!!

 

突然のアンダンテ!!!

andante・・・歩くような速さで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:saijo-san:20210706211911j:plain

f:id:saijo-san:20210706212000j:plain

お。かっちょいいスポーツカーの後ろにつけるんじゃないか??

 

 

f:id:saijo-san:20210706212037j:plain

 

・・・・・。

 

f:id:saijo-san:20210706212112j:plain

 

・・・・・。

 

f:id:saijo-san:20210706212147j:plain

 

 間に入ってくんなお前ぇぇぇぇっ!!

 

そもそも違反やろがいぃぃぃぃ!!!

 

 

 

 

 

 

とまぁ日常の「なんでやねん!」を発散しましたとさ。笑

 

 

 

 

ごきげんよう

白い卵と赤い卵は何が違う?

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210405211606j:plain

 

 

前回に引き続き、卵についてのあれこれ、後編!

 

 

 

前回の記事では、「赤みのある卵黄は栄養価が高いのか」「卵黄を箸で摘まめる卵はいい卵なのか」の2点を解説してきたわけなんですが、

 

今回の1つ目は、

 

 

 

◎殻の白い卵と赤い卵は何が違うのか

f:id:saijo-san:20210621205239p:plainf:id:saijo-san:20210621205247p:plain

これはですね~

僕の身の回りの人たちはかなりの割合で固定観念がありましたね~

 

スーパーでも赤と白と2種類並んでるところありますよね。

そしてだいたいが、赤い卵の方が高いでしょ?

 

だから赤い卵の方が良い卵だという認識の方が多いと思うんですよ。

 

しかしですね実は、赤い卵も白い卵も、中身は一緒です!!

 

 

では何が違うのか。なぜ値段に違いがあるのか。

それは、産んでるニワトリの種類が違います。

 

そもそもニワトリには、卵を産ませることに特化した卵用種、肉質の良い肉用種、その中間の卵肉兼用種というものがいます。

 

よく見かける白い卵は、卵用種である「白色レグホーン」

f:id:saijo-san:20210621205537p:plain

赤い卵は、卵肉兼用種である「ロードアイランドレッド」や「ボリスブラウン」が主流です。

f:id:saijo-san:20210621205553p:plain

 

 

他にもプリマスロック系コーニッシュ系とかもいるので調べてみてください。

僕のお気に入りは「横斑プリマスロック」。超かわいいです。

 

 

 

で、白い卵を産む白色レグホーン、とにかく産卵率がエグいのです。

めちゃくちゃ卵産む。これでもかってほど産む。

 

養鶏農家からすれば、毎日全てのニワトリに同じ量の餌と水、もっと言えば光熱費なんかもかかるわけですから卵を産んでくれれば産んでくれるほど、儲けになる訳です。

 

僕が通っていた農業高校では最大で約1,000羽のボリスブラウンを飼育していました。

当時で産卵率は80%程、1羽あたりの年間産卵数は250個前後だったと記憶しています。

 

対して白色レグホーンは産卵率90%、1羽あたりの年間産卵数は300個を超えます。

350個を超える記録が残っているとも聞いたことがあります。

その分、卵殻として多量の炭酸カルシウムを体内から排出し続けますので、安い卵は殻が薄め。おそらくコストダウンの一環としてカルシウムを補填する餌が十分ではないのかな。

 

 

 

ということで、白い卵は生産量が多いという理由で安価なのです。

しかし日本人にはなぜか「赤い卵の方が高級感がある」、という先入観で高く売れる。

ボリスブラウンの赤い卵は白色レグホーンに届かない産卵率の低さを、高めの売り値でカバーしているのでしょう。

 

前記事でもお話ししたように、

「卵黄を赤くする」や「いい餌を与えることで栄養価が高い」といった大したことない文句をアピールすることによって、それが付加価値として高値でも売れる要素になっているみたいです。

 

 

 

結論、赤い卵が高価なのは日本人の先入観を利用したビジネスだった!!!

(語弊まみれ)(養鶏農家さんごめんなさい)

 

 

 

ま、日本の鶏卵の自給率はほぼ100%に近いですからね。

何買っても国産の安心できる農場で採れたものですよ。

深く考えず好きなものを買いましょう。ただ、中身は一緒です。

 

 

 

 

 

◎卵のサイズが変わっても、卵黄のサイズは同じ。

 

 

 

はいそうなんです。

Mサイズ、とかLサイズ、とか売ってますよね。値段も違うし。

 

鶏卵には重量別に規格があります。詳しい重さはもう忘れちゃった。

なんだったかな~、あるんですよ、48~52g(多分数字間違ってる)はMSサイズ、みたいなやつ。

5gおきくらいにM、L、LLとサイズアップしていくんですが、

双子とかそんなんを除き、基本的に卵黄の重量はあまり変わりません。

 

じゃあ何の重量か。

卵白なんです。

 

卵1個に占める卵白の割合が、小さい卵ほど少ない、大きい卵ほど多いということです。

 

なので料理、特に製菓で使用する場合なんかに卵白が多い方が良いか、少ない方が良いか、で選んでください。

メレンゲいっぱい作りたい方はLサイズを選んだり、ね。

 

 

 

 

そんなこんなで前記事から続いて、誤解されやすい卵のあれこれ、お伝えしてきました。

 

・卵黄は赤い方が良いか

・卵黄は摘まめる方が良いか

・新鮮な卵の見極め

・赤玉と白玉

・卵のサイズの違い

 

なかなか、認識の違いがあった方もいるかと思います。

 

日々の食事で卵めちゃくちゃ使いますからね。 

こういった知識のもと、自分の好みに合ったお卵ライフを楽しんでいきましょう。

 

 

 

役立つ農業高校生の知識シリーズ、またどこかでお披露目したいと思います。

 

それと僕の一番好きな卵料理は、中華料理屋によくある、トマトと一緒に炒めたヤツです。(料理名知らん)

 

 

 

 

それでは、ごきげんよう

 

卵黄の赤い卵は栄養価が高い!?

こんにちは、さいじょーです。

 

 

f:id:saijo-san:20210405211606j:plain

 

畜産物のあれこれ第2弾!!

 

 

本日は卵についてです!

 

 

 

さて、そもそもの卵の構造のお話をしましょうか。

 

ニワトリの(他の鳥もそうなのか?)卵というのは、こうなってます。

 

 

f:id:saijo-san:20210620183813j:plain

 

ほんとは卵殻膜や卵黄自体にも層があったり、もう少し細かな分類というものがあるのですが、

普段皆さまが目にするもので言えばざっくりこんな感じです。

 

 

また今度、ゆっくり卵の中身をじっくり見てみてください。

卵白が2種類あったり、卵黄の表面にポチっとしたものがあったり、おもしろいですよ。

 

そしてその、卵黄のポッチ。じつはここがヒヨコになる部分なんです。

卵黄というのはただの栄養分なんですね。

 

 

 

 

それでは本題、この鶏卵についての記事では誤解しやすい卵のあれこれをご紹介。

 

 

 

 

◎卵黄の色が濃いものが栄養価が高い?

 

 

 

そんなことありません。

 

卵黄というのは飼料、つまりニワトリが食べた物の色素によって左右されます。

 

もっと正確に言うと、黄色や赤色の要素を持つカロチノイド系の色素が沈着します。

 

普通、ニワトリをはじめとする家畜の飼料の多くは、安価で栄養価も高いトウモロコシが主流として使われています。

そのトウモロコシの黄色の成分が卵黄の色を作っているのです。

 

 

TVなんかでよく見るうえに、もてはやされている赤みが強い卵黄については

パプリカやニンジンといった赤色系の色素を持つ野菜、もしくは着色料を飼料に添加することで卵黄に赤色を移しているわけです。

 

なので卵黄が赤いからと言って栄養価が高かったり、値段が高価、ということには繋がりません。

 

 

そしてたまに見るのが、「高栄養価の餌を与え、ビタミンEが豊富!」みたいな謳い文句をくっつけた高価な卵が売られてたりします。

まぁそれなりに栄養価が卵に移るのかもしれませんが、正直、微々たるものです。

 

というよりビタミンEを摂取したかったら他の物食え。

安い卵買って余ったお金でアーモンドとか魚とかピーナッツ食え。バカか。(おっと失敬。)

 

 

 

少し特殊なものでは、飼料に含まれるトウモロコシを玄米に換え、色素なしの飼料を与える場合がわずかながら存在します。

これは餌代が高くなるため卵の値段も少し高価になるのですが、ほぼ真っ白に近い卵黄が生まれます。

 

特殊な卵として扱われたり、

製菓として使用した際に、白いスポンジやカステラの生地ができあがる、という用途で使われることがあるようです。

 

 

 

ちなみに僕は農業高校生時代、自分で管理していたニワトリに青色の色素をバカほど食べさせて緑色の卵黄を作ろうという実験を卒業論文として提出しました。

f:id:saijo-san:20210620184010j:plain

CG無しでこれ再現したかった。。。

どうやらほんとに沈着する色素はカロチノイド系だけらしく、青色の色素ではなんの効果もありませんでした。笑

でも成績はクラスで1番取りました(*'ω'*)♪

 

 

 

ということで卵黄の色は、ただの色素の沈着。栄養素価にはほとんど関係ありません!

 

 

 

 

 

◎卵黄を箸や指で摘まめたらいい卵?

 

 

そんなことありません。

 

先ほどの卵黄の色もそうですが、TV等のメディアが悪いですね。

何かにつけて栄養が高いだとか高価だとかに繋げたがるし、バカみたいな芸能人がバカみたいな顔でリアクションをする。

間違った情報をオーバーに提供するせいで消費者に誤解が生まれるのです。

 

しかし卵黄が指で摘まめる卵は存在します。

それは、「新鮮な卵」つまりニワトリが産んでからの時間があまり経過していない卵、です。

 

新鮮であれば、1パック500円する卵でも、98円で売られている卵でも卵黄は指で摘まめます。

 

卵黄の丈夫さというのは栄養価や、高級か否か、ではなく新鮮さがカギを握ります。

 

 

新鮮、という意味ではいい卵なのかもしれませんが。 

とはいえ卵というものは20℃前後の常温の場合、1ヶ月~2ヶ月は平気でもちます。

スーパーでも冷蔵の棚には置いてないでしょう?

 

一番ダメなのは温度変化。一度家庭で冷蔵庫に入れてしまった場合は冷蔵をキープしたまま早めに使い切ってください。

 

しかし品質に問題はなくとも、やはり鮮度は劣化してきます。

卵かけご飯のように生食に使うには新鮮に越したことはないですよね。

 

 

ではこぼれ話。新鮮な卵の特徴。

 

 

まず先ほどのとおり、卵黄が丈夫なこと。

 

これに関連するのですが、丈夫であるということはハリがあるということ。

割って中身を取り出したときに、卵黄・卵白ともに盛り上がっていることが新鮮な証です。

 

図解を見てほしいのですが、卵白には2種類、

サラッとした水様性卵白と、プルっとした濃厚卵白があります。

 

新鮮な卵ほど濃厚卵白の割合が多いです。これが時間が経つにつれて徐々に水様性卵白へと変化していきます。

 

 

f:id:saijo-san:20210620184355j:plain

 

卵黄も膜のハリが失われてぺったんこになっていきます。

 

そして気室が狭いこと。

時間経過で蒸発に伴う中身の収縮で気室が広がります。

 

 

とまぁこんな感じですので参考までに。

古い卵の方がゆで卵にしたときに殻が剥けやすいそうですね。理由は知りませんが。

 

 

 

 

 

卵についてのあれこれ、実はまだまだご紹介したい内容があるのですが

長くなりましたので後編に持ち越しましょう!

 

 

 

それでは、ごきげんよう

俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる。

こんにちは、さいじょーです。

 

f:id:saijo-san:20210405211606j:plain

 

 

 

悪魔の実が実在したら何を食べたいですか?」

 

 

 

 

誰もが一度は空想したことがあるでしょう。

そしておそらくほとんどの方が理解して話の続きができるでしょう。

 

そう。悪魔の実とは、週刊少年ジャンプに掲載されている大人気漫画『ONE PIECE』に登場する、

食べると泳げなくなることを引き換えに超人的な能力を手に入れることのできる果実のようなもの。

 

これだけの認知度があるってすごいことですよね。

 

 

例えば主人公のモンキー・D・ルフィだと、体をゴムのように伸ばすことのできる「ゴムゴムの実」を食べています。

 

他にも体を刃物に変化させる「スパスパの実」や、雷になることができる「ゴロゴロの実」、動物に化けることのできる「ウシウシの実」や「トリトリの実」など実に多様な種類が登場します。

 

 

 

 

この漫画の舞台はいわゆる大航海時代

数々の海賊や海軍たちが大海原にひしめき合っている世界なので泳げなくなるというのは致命的なハンディにはなるのですが、

 

現代の、それも現実の世界であれば泳げなくなったところで、さして大きなダメージではないでしょう。

そう考えるとどれも魅力的ですよね~。

 

 

それでね、こんな記事書いておいて、実は僕はこのONE PIECE、まだ途中までしか読んでないんですよ。

 

えーと、ほら、ドラゴンみたいになったカイドウに、ごしゃあああっ!ってされるところ。(伝われ)

 

あの辺までしか知らないので、ONE-PIECEに詳しい方がいたら教えてほしいんですけど、

悪魔の実って植物ですか?

 

「実」って言ってるし、果実的な見た目もしているので植物だと思っているんですけど。

 

 

あとストーリーの途中、この悪魔の実を人工的に作り出そうとする悪の組織が登場しますよね。

 

そして劇中でも語られているように、この世に同じ実は2個と存在しないと。

作者の尾田先生も、読者の質問に答えるときに「その実の能力者が死んだとき、またどこかの世界でその能力の実が生まれる」的なことを仰ってた記憶があるんですよね。

 

 

っていうことをふまえて、「悪魔の実は植物である」ということを仮定して話を進めるんですけど、

 

悪魔の実のプログラミングどうなっとん???

 

 

 

えーっと、要は、

食べた者を他の物質に変質させるという特性を持つ以上、

悪魔の実自体がその物質を認識しているという解釈なんですけども。

 

 

現実の植物に当てはめて考えてみましょう。

 

実際に植物は、自然界に存在する(自分に影響を及ぼす)ものは認識していると思うんですよ。

 

例えば、光に向かって花を咲かすし、重力に逆らうように芽を、地面がある方に根を伸ばす。

虫や小動物がいることを見越して花を鮮やかにしたり蜜を持ったり、それを利用して花粉を飛ばしたり。

 

なので悪魔の実が植物なのであれば、自然界に存在する生き物や現象を認識して、その性質を実に移す、ということは可能なのではないのでしょうか。

 

 

 

あと、もうひとつのパターンとして考えられるのは「ゴムゴムの実」や「スパスパの実」、「ドアドアの実」といった、伸びたり空間を切ったりという状態・性質を抽象的に捉えたもの。

 

これは、悪魔の実を食べた結果に起きた現象を、のちに人間がそれに近い物質名の名前を付けた、という解釈。

 

「スナスナの実」や「ピカピカの実」のように、確実に砂や光を模していると断言できないもの。

なのでどちらかと言うと人工物が多いかな。

 

あとは一部の動物(ゾオン)系。

白ひげ海賊団の「不死鳥マルコ」なんていい例ですね。

幻獣種と呼ばれる「トリトリの実モデル フェニックス」をはじめとする空想上の生物シリーズ。

 

もしかしたら『ONE-PIECE』の世界ではフェニックスが実在して、悪魔の実がそれを認識したのかもしれないですが、、、

でも現実的に考えると、神々しい動物のようなものに変化したのを見て、

その姿をフェニックスやペガサスに当てはめて名前を付けた。

 

 

 

 

・・・とまぁ、

悪魔の実自体がそのものを認識していたか、

人間が後から名前を付けたか、

 

悪魔の実が持つ可能性をつらつらと述べてきましたが、

 

ひとつだけ、ひとつだけどうしても納得のいかない実があるのです。

 

 

 

 

「ヒトヒトの実モデル 大仏」

 

 

 

 

 

 

???????????

 

 

 

 

 

 

????????????

 

 

 

 

 

 

 

いや、えっと...

 

???

 

 

動物でも幻獣でも空想上のものでもねぇ

完っ全っなる人工物。

 

それっぽい形に人間が後から名前を付けたなんてシロモノではない。

大仏は大仏としてしかありえないでしょ。

 

人間が生み出した宗教上の、、、あれでしょ?大仏…??

 

 

しかしこれを食ってるのが元海軍本部元帥のセンゴクさんときたもんだ。

白ひげと海軍の全面戦争のほんの一部でしかその姿を見せなかったからあまり明らかにはされていないけど、強えぇんだこれが。

 

そりゃあの海軍本部の頂点に立ってたんだもの。強いよ。

 

でも大仏...大仏て...

 

 

 

ちょっともっかい言わせて。

 

大仏てっっ!!!

 

 

 

ONE PIECE』、大好きです。

超おもしろいし、みんなカッコいいし。

 

そして「悪魔の実」や「覇気」といった能力で

「なんでもアリ」感をやりすぎないように、ストーリーの邪魔をしない程度に程よく散りばめている感じ。

 

 

尾田先生は紛れもなく超一流だと思います。

 

 

 

 

 

でも、、

 

 

 

 

 

大仏てっっ!!!!

 

 

 

 

 

 

という、たったひとつだけの、納得いかないところでした。笑

いや、ほんとに大好きですよ『ONE-PIECE』(-∀-)

 

 

 

 

 

それでは、ごきげんよう

 

 

あ、ちなみに僕は現実の世界なら「ハナハナの実」を食べたいです。